症例報告 寝違え

皆さんこんにちは!

 

季節の変わり目で体調を崩していないでしょうか。

 

さて、今日はひとつ症例を報告したいと思います。

 

40代女性の方

飲食店勤務

 

首の右側が痛くなったとの訴えで来院しました。

 

首の右側が痛むとのことで、首を左側に倒して痛む箇所を伸ばすようにして来院しました。

 

実際に触ってみると患部が盛り上がり、盛り上がっている箇所を触れると強い痛みが発生していました。

 

痛みの原因ですが、本人は不明とおっしゃっていましたがおそらく、普段から立ち仕事などで首などの負担がかかっていたのもあったのだと思います。

 

よく触診をしてみると、首単体の筋肉を傷めている訳ではなく、首から肩に伸びる筋肉を痛めていました。

 

この筋肉は首を横に倒す作用と捻る作用を担うのでそれらの動作が制限されていました。

 

通常病院などでは、首が痛く動かせないとなると、湿布や痛み止めもしくは首の固定などを行いますが、この方の発生原因が血流障害からくる痛みなので当院では積極的に触り動かしていきます。

 

固まっている筋肉は通常『コリ』などとよばれますが、医学的には『硬結』といい、元々のケガや日常生活の負担が重なりできることが多いです。その『硬結』には『芯』が存在しその『芯』が消えないことにはなかなか治りません。

 

ましてや固定などしてしまえばさらに血流不足になり長引いてしまいます。(炎症の激しいものには消炎鎮痛目的の固定や冷却もすることもあります)

 

それらを踏まえてピンポイントで患部に施術を行いました。

 

結果として約3回の施術で日常生活に支障が出ないくらいに改善し、ご本人も喜んでいました。

 

このように痛みを出している『原因』に対して的確なアプローチをかけることで症状は早期に改善します!

 

季節の変わり目ということもあり体の不調を訴える方も多くいらっしゃいますが、お悩みのことがあればお早めにご相談ください。

 

さくら整骨院では痛みに対しての施術だけでなく、体幹のインナーマッスルを鍛える特許取得の機械『バーンコア』、表情筋を鍛え美顔にする『バーンコアフェイシャルフィットネス』なども揃えております。

 

直接肌にパッドや機器をあてるバーンコアやフェイシャルフィットネスは美容知識のある女性スタッフが対応いたしますので安心してご相談ください。

 

院長 佐久間洋明